ブログトップ

ミッドフィールダー☆

f0231904_22142586.jpg


今日のポジションはMF(ミッドフィールダー)☆

FW(フォワード)とDF(ディフェンダー)の間に位置し

攻守両面の役割を担う


同じMFでも、攻撃重視か防御重視かなどの役割によって

ポジションの名称はさらに細分化されてたりします

・オフェンシブハーフ
・ディフェンシブハーフ
 ボランチ
 ピボーテ
 アンカー
・セントラル・ミッドフィルダー
・センターハーフ
・インサイドハーフ
・サイドハーフ    

などなど...

特に、FWの後方に位置するトップ下の選手は

攻撃の組み立てる司令塔で自ら得点も狙う近代サッカーの花形ポジション☆

背番号10を付ける選手が多かったりします

日本代表で言えば

本田選手や香川選手、清武選手がそうです

f0231904_22144656.jpg


また、近年ではボランチ(やや後方)からゲームを組み立てたり

シュートに結び付く決定的なパスを供給する司令塔の選手も増えています

日本代表では遠藤選手

世界ではユヴェントスのピルロ選手が代表的ですね!

ピルロ選手に関しては、ポジション名をレジスタ(regista)

直訳すると「演出家」と呼ばれてたりもします

f0231904_2215191.jpg



3年生で言えば

MFは4人(オフェンシブ2名、ディフェンシブ2名)

ただし、選手間の横と縦の幅、追い越しはフリーとして

周りの状況(味方、相手、スペース、ボール)を見て変化させてもOKとしています

当然、ボールを奪う(誰よりも先にボールに触る)のスタートでもあるので

スピード、体力、視野の広さ、状況判断の高さ選手に求めています

なので、8人制となったジュニアサッカーでは体力的しんどいポジション


だからサボッたりすると

すぐに分かったりします・・・(笑)



ミッドフィールダー

チーム心臓部であり動きとプレーの質を求められる

奪うか奪われるかの戦いを幾度も繰り広げ

強いメンタルも求められる


華やかでありながら非常にタフなポジション


勝利のためにボールを奪い

ゴールという目的のために走り続け

勝利を呼び込むラストパスを出す選手を

チームとして応援してあげてほしいと思います




三樹平田遠征まで

あと5日・・・
[PR]
by boo-boo-amachan | 2018-08-01 21:45 | サッカー